審美歯科

保険治療だけでは
実現できない治療が
審美歯科にある

審美歯科は、保険治療と比べ、見た目の美しさだけを追及しているように思われがちですが、お口全体、さらには身体全体の健康にもつながり高い生活の質(QOL)を維持する治療です。
より自然の歯に近い素材を使用しますので、体にかかる負担が格段に減少しますし、金属アレルギー対策としても有効です。

セラミックによる
審美歯科のメリット

  • 01

    セラミックによる審美歯科は、保険診療で使われているレジン(プラスティック素材)による修復治療に比べて着色や変色、摩耗といった心配がありません。

  • 02

    セラミックは金属修復治療と比べて歯に汚れが付きにくく、二次むし歯のリスクが低くなります。

  • 03

    セラミックは金属アレルギーの心配がありません。

  • 04

    セラミックは天然歯に最も近い素材として世界中のドクターから評価されています。

ラミネートべニア

ラミネートべニアは、色が気になる歯の表面のごく一部を削って、薄く白い陶材を貼り付けて、白い歯にする方法です。

ただ、むし歯などにより残存している歯質の量が少ない場合は適用できないなどの欠点があります。

CEREC(セレック)

セレックシステムとは、コンピューター制御によって歯の修復物を設計・製作するシステムです。
最先端の3D工学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現、その後、コンピューターの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータを基に作製します。
歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、技工料がかからず経済的な上に治療時間も通院間隔も短縮できます。
また、規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高い修復物を作製できます。

このような方にお勧めします

  • 治療期間を短縮したい方
  • 治療費用をおさえて審美歯科治療を受けたい方 など

被せ物の種類と特徴

オールセラミック

  • 美しく、自然で透明感ある白色
  • ほとんど変色しない
  • 摩耗に強い
  • 清潔感が高くプラークが付きにくい
  • 金属アレルギーにならない

ジルコニアセラミック

  • 従来のセラミックより硬く、非常に軽いので奥歯に使用可能
  • 金属アレルギーにならない
  • ほとんど変色しないが、透明感はややセラミックに劣る

メタルセラミック

  • 白く美しい、目立たない、ほとんど変色しない
  • 裏側に金属を使っているので、ある程度の耐久性がある
  • 裏側に金属を使っているため、透明感ではオールセラミックに劣る

ハイブリットセラミック

  • 色が白く目立たない
  • 金属アレルギーにならない
  • プラスティックを混ぜている分、耐久性・審美性はセラミックに劣り、多少の着色もある

ハイブリッドメタルセラミック

  • 色が白く目立たない
  • 裏側に金属を使っているので、ある程度の耐久性がある
  • プラスティックを混ぜている分、耐久性・審美性はセラミックに劣り、多少の着色もある