歯周病治療

私たちに歯を抜かせるのは
「歯周病」

平成17年の「財団法人8020推進財団調査」によると、日本で歯を失う最大の原因は、歯周病という結果がでています。
現在、日本では30歳代の約8割が歯周病にかかっていると言われ、「35歳以上の約70%が、むし歯ではなく、歯周病が原因で歯を失っている」と報告されています。

その理由は、初期の歯周病には自覚症状がほとんどないからです。最初は「磨くと血が出る」「少し歯肉が腫れている」というだけですが、口腔内は細菌がいっぱい!
放っておくと、どんどん症状が進行し、気が付いた時には歯を削ったり、抜いたりしなければなりません。
私たちは歯を削りたくも、抜きたくもありません。是非当院で予防を徹底し、最悪の事態が訪れる可能性を防いでください!

歯周病は口だけではなく
全身を破壊する

「歯の少ない人ほど、医療費が高い」これは色々な行政の調査でわかっています。歯は食べ物が初めて出会う「消化器」であるだけに、歯を失うと、からだ全体に及ぼす影響は圧倒的です。
さらに、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることが明らかになっています。歯周病菌が全身の病気を引き起こす理由は、歯肉にある豊富な毛細血管にあります。
歯周病原因菌が歯肉組織まで侵入してくると、豊富な血管に入り込み、血液を介入して全身にまわります。その結果、身体の各部にまで、病気を発症させることになるのです。

こんなに恐ろしい!歯周病に関連した病気一覧

  • 脳:認知症・脳梗塞
  • 心臓:細菌性心内膜炎・心筋梗塞・狭心症
  • 血管:動脈硬化
  • 肺:肺炎
  • 子宮:低体重児出産・早産
  • その他に、糖尿病・がん・骨粗鬆症・バージャー病・HIVなどに関連性があると証明されています。

私たちは歯を削りたくない
から、定期健診を徹底
してください。

定期健診を徹底すれば・・・

  • 歯周病の早期発見による治療が可能になります。
  • 前回の症状と比較することで、的確な治療方法が提案できます。
  • 症状にあったブラッシング指導ができます。
  • ブラッシングだけで取れない歯石を取り除くことができます。
  • かかりつけ医を持つことで、他の病気との関係性をしっかり把握できます。
    (高血圧の薬など、ある種の薬には歯周病を悪化させるものがあります!)