痛みの少ない治療

徹底的な
「痛みの少ない治療環境」
を実現しました!

「患者さんに安心してもらいたい!!」そのためにしろいファミリー歯科では
「痛みの少ない治療」に徹底的にこだわっております。

表面麻酔はもちろんのこと、静脈内麻酔を行うために専門の麻酔医も在籍し、
患者さんの不安を完全に取り除く治療環境を実現しました!

特にお子様やご年配の方、歯を削る時のキーンという音がどうしても怖いと感じる方などに大好評です。

わたしたちは、長年蓄積されてきた歯科医院の悪いイメージを取り除きます。
そして、二度と歯を削ることのないよう、歯に少しでも違和感があったら、
すぐに来ていただく歯科医院でありたいと思っております。

絶対必須の表面麻酔・
電動麻酔注射器

麻酔をするときの痛みは、麻酔液の圧力によるものです。当院では、まず表面麻酔により麻酔針が最初に刺さる痛みを解消します。
表面麻酔はゲル状、張り付けるタイプ、スプレーのものを取り揃えております。患者さんの状態に合わせて一番適したものを選びますので、ご安心ください!

表面麻酔(ゲル状タイプ)から電動麻酔への手順

  • まずお口の中の粘膜を乾燥させた後、ゲル状の表面麻酔を綿棒などで部位に塗ります。
  • 約2分ほどで粘膜表面の感覚がマヒしてきます。
  • 表面麻酔をぬぐって、すかさず注射針をゆっくり刺し込む。

その際に、使用するのが「電動麻酔注射器」です。注射の痛みは、麻酔薬の注入スピードによる余計な圧力が原因です。電動麻酔注射器は、コンピューター制御により、理想的な注入スピードを実現し、その問題を解決しています。さらに、手動で注射を行う場合より、細い針を使用しているため、刺した時の痛みを和らげることができます!

もう歯科治療は怖くない!
不安や恐れを除去する
静脈内鎮静法

「歯茎に注射をする麻酔に対して恐怖を感じる」、「そもそも歯科治療に対して抵抗がある」。そのような方もご安心ください!当院では「静脈内鎮静法」を導入し、治療の不安や恐れを徹底的に除去していきます!静脈内鎮静法は、鎮痛薬や向精神薬を静脈に注入することでリラックス効果をもたらす麻酔方法です。治療の妨げになる嘔吐反射が強い人にも適した方法と言えるでしょう。
しろいファミリー歯科では、専門の麻酔医が在籍しておりますので安心して治療をお受け下さい。

静脈内鎮静法の流れ

  1. 血圧計や心電図などの生体モニターの使用準備。
  2. 点滴の注入。注入後、1~3分で意識がぼんやりしてきます。
  3. 静脈内鎮静法はリラックス作用に優れている反面、鎮痛効果が不十分なため、局所麻酔が行われます。
  4. 十分に効果が表れたことを確認したうえで、治療を行います。
  5. 術後は無理をせず、しばらく安静にしてからご帰宅ください。

※費用に関してはお問い合わせください。

静脈内鎮静法の注意点

  • 予約を取った後でも体調がすぐれない場合は、無理をせずに歯科医に判断を仰いで下さい。
  • 麻酔の効果を高めるために、治療前は何も食べないか、食べるとしても軽い食事にとどめてください。原則として治療の4時間前くらいからは何も食べないでください。
  • 治療後、眠気が残ったり、ふらついたりすることがありますので自動車の運転はもちろん、自転車での通院も原則禁止です。
  • 治療後しばらくしてから再び眠気やだるさに襲われることがあります。そのような時は無理をせず、しばらく安静にしておく必要があります。